注目!  夏休み特集2008(航空券)

アジア方面  アジアンビーチ  ミクロネシア方面  ハワイ方面 
ヨーロッパ方面  北米方面  中南米方面  オセアニア方面 
アフリカ方面  南太平洋方面  インド洋方面

メモ帳 (2007年02月14日)

メモ帳

海外旅行の魅力は、見知らぬ土地、いつもと違う習慣、 外国語、見慣れない食べ物、、、いろいろとあります。

中でも、コミュニケーションの大切な手段である「日本語」が 通じない世界って、とっても新鮮です。



一度海外を旅行されていた方なら実感されていると 思いますが、やっぱり日本語って、世界の中で言えば 特殊な言語のようです。
日本国内で普段何気なく使っている言葉が、 相手には伝わらない。 逆に相手の言っていることがチンプンカンプンで 理解できない。
初めて海外旅行したときには、「自分の 言いたいことを伝えることがこんなに大変なもの だったとは思わなかったexclamation×2」なんて衝撃をうけたものです。

ホテルの中や、ツアーで連れて行ってくれるおみやげ物屋さん では、ある程度日本語をわかってくれるのですが、 一歩街を出て、適当な店に入って会話しようとすると、 とたんに話が通じなくなってしまいます。(^^;あせあせ(飛び散る汗)

「あ〜、こんなことなら英語勉強しとけばよかった〜」 とついついグチってしまいました。


そんな状態で、外国人の方とコミュニケーションを するのに役立ったのは、メモ帳です。

例えば、「サッカースタジアムに行きたい」と思ったら、メモ帳に サッカーボールの絵サッカーと、スタジアムの名前をウロ覚えで綴って 「Where?」「Help?」とやると、案外伝わってしまいます。 (ちなみに、わたしはこの方法でパリ郊外にある「Stade de France」 というワールドカップで使われたサッカースタジアムに 行っちゃいました)

また、相手のしゃべっていることが早口でわからなかったら、 メモ帳とペンを差し出して、メモ書きしてほしいジェスチャーを すると、メモに図や単語なんかを描いてくれて、言いたいことが 一気に伝わります。

せっかく海外旅行しているのだから、土地の人と コミュニケーションを楽しみたい。だからわたしは 片言の英単語とメモ帳会話にチャレンジしています。 言葉が通じない人同士がコミュニケーションできたときは、 「やった〜、伝わった〜」って、とってもうれしく なりますからね。


エイビーロードで海外旅行をしようとされている 英語が苦手な方も、「英語なんてしゃべれないわ」なんて 思っている方も、試しにメモ帳を使ってコミュニケーションを してみてはどうでしょう。楽しいですよ。


ただし、海外は日本と違って治安の悪いところもあるので、 メモ帳会話も、できればお店の人とやったほうがよいかなと 思います。(お店をしている人は、そんなにヘンな人は いないと思いますので、、、)


ブログランキング参加中です。
よかったらクリックしてね。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気blogランキングへ  b3.gif 
タグ:メモ帳
posted by エビさん at 06:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。